ゲゲゲの鬼太郎6期第55話「狒々のハラスメント地獄」ネタバレ感想

ゲゲゲの鬼太郎6期 55話

ゲゲゲの鬼太郎6期55話の、ネタバレと感想を紹介!

55話は「狒々のハラスメント地獄」というお話。

ネタバレと感想を紹介します。

ゲゲゲの鬼太郎6期の55話「狒々のハラスメント地獄」ネタバレ

 

妖怪・狒々は、人間にテニスを教わってからテニスの魅力にとりつかれました。

サルを相手にテニスを教えていましたが、サル相手のコーチは飽きてしまい人間に教えると鬼太郎達に宣言します。

実は以前コーチし育てた選手が、世界ランキング4位になったという実績があるのです。

 

人間にコーチをし、オリンピック金メダル選手を育成しようと思い立った狒々。

街に出た狒々が目を付けたのは、まなの友人の優美。

そして、狒々と優美は意気投合してしまいます。

 

次々と試合で優勝し有名になっていく優美と狒々。

そして、練習は加熱していきます。

毎日の猛練習・猛特訓のなか、徐々に狒々と優美の関係に亀裂が生じ始め…

意見の食い違いから、狒々は優美に手を上げてしまいます。

 

狒々を不振に思ったまなから、ねこ娘にメールが入ります。

狒々の写真付きのもので、知ってる?と。

 

駆けつけた鬼太郎達。

狒々に注意しますが、なかなか聞き入れてくれません。

そして、とうとうマスコミの知るところとなり記者会見が。

パワーハラスメントを行ったとし、パワハラコーチと叩かれてしまいました。

その後も、色々なハラスメントコーチとして叩かれ続けます。

落ち込む狒々は飲食店でひとり、以前コーチしたときの思い出に浸っていると…

様子を見ている怪しい男が。

 

ついに恐れていた事態が起こります。

お金に目のくらんだねずみ男が、マスコミに狒々のことをバラしてしまいました。

責められ、罵られ、言いたい放題言われた狒々は、怒りで暴れ始めてしまいます。

鬼太郎が現れ、狒々を一撃でダウンさせましたが…。

 

落ち込む狒々。

「目玉…わしのやり方は、古いのか…?」

と、なげきます。

「上に立つ者がやりにくい世の中。今の風潮に合わせるか、自分を貫くか…

非常に難しい世の中じゃ…」目玉おやじが語ります。

狒々は自ら去っていきました。

 

ある日のゲゲゲの森では、サル相手にテニスのコーチをする狒々の姿がありました。

 

感想

今回の鬼太郎は、鬼太郎よりも狒々のインパクトが強かったですね。

そして近年問題になっているハラスメント問題!

こんなにあるの?ってぐらい出てきました。

さすがにちょっと同情してしまいます…。

この時代、妖怪も生きにくい世の中なんでしょうか?

 

目玉おやじ良かったです。

目玉おやじも鬼太郎より存在感ありましたね。

狒々に語るとこが最高でした。大人目線ですが。

 

まだまだ、今の社会の問題点などを含んだ話が出てくるのかな?

と、期待?しつつ次回の放送を楽しみにしようと思います。

他の気になる展開もありますしね!