ゲゲゲの鬼太郎6期第54話「泥田坊と命と大地」ネタバレ感想

ゲゲゲの鬼太郎 6期 54話 ネタバレ

ゲゲゲの鬼太郎6期54話の、ネタバレと感想を紹介!

54話は「泥田坊と命と大地」というお話。

ネタバレと感想を紹介します。

ゲゲゲの鬼太郎6期の50話「地獄からの使者 鵺」ネタバレ

ねずみ男はある建設事務所で交渉中。

この建設事務所の手掛けるメガソーラー発電場の建設現場に、妖怪が現れ次々と作業員が犠牲になっています。

そこに目を付けたねずみ男は、「問題解決するのにお金を出せば鬼太郎に頼んでやる」と切りだしますが、
社長に追い返されてしまいます。

鬼太郎ハウスに逃げ帰ったねずみ男。

話を聞いた鬼太郎達は、30年前に一度倒した妖怪・泥田坊が起こした事件と知ります。

人間の勝手で田んぼをゴルフ場にされ、流行らなくなり今度はメガソーラー発電場に…。

鬼太郎は、忠告するために社長に会いに行きます。

30年前、当時の社長の子供で、彼が今の建設会社の社長です。

鬼太郎が苦渋の決断で泥田坊を倒し、人間に対しての怒りもあらわにしたのも見ていた男の子。

鬼太郎は忠告しましたが。

妖怪を恐れて建設現場には誰もいなくなり、社長ただひとりに。

彼は息子に「妖怪なんて怖くないやっつけてやる」といい、ただひとり工事を進めます。

夜間の工事中、泥田坊が現れ鬼太郎も駆けつけました。

が、社長はライトを照らし泥田坊に当て倒してしまいます。

そこへ息子も駆けつけて…。

ポツポツと3人の上にも雨が降り始めてきました。

すると、倒したはずの泥田坊があちこちの地面からわき出てきます。

それは親子を襲いかかり、鬼太郎までも。

またもや30年前と同じく苦渋の決断をしなくてはならない状況になり…
指でっぽうを放ち、鬼太郎の決断は親子を守ることに。

立ち尽くす鬼太郎の手をそっと握る小さな手が。

手を合わせ拝む社長親子の姿。

手をつないで立ち去っていきました。

そして工事は中止の決断が下されました。

感想

30年前に倒した妖怪を、また倒さなければならない鬼太郎の姿が印象的だった今回の話。

怒りだったのか、悲しみだったのか?ちょっと気になりました。

両方だった気もしますけど。

終わり方も何か考えさせられるような終わり方でしたね。

鬼太郎も屋根の上で何を思っていたのでしょうか?

建設現場には何かと良くない噂ありますが、同じ場所でまたあるとか怖すぎです。
そんな現場で働くとか…。

あげく倒した後に中止になるなんて、なんだか今回はすっきりしませんでした。

ちょっと泥田坊が気の毒だったな、と思えます。

今回はマナちゃんもお休み、石動零もお休みでしたね。

次回は登場するのか、楽しみに待ちたいと思います。