ゲゲゲの鬼太郎6期の43話「永遠の命おどろおどろ」ネタバレ感想!

ゲゲゲの鬼太郎6期43話ネタバレ

ゲゲゲの鬼太郎6期42話の、ネタバレと感想を紹介!

43話は「永遠の命おどろおどろ」というお話。

2月10日(日)9時~放送!

43話「永遠の命おどろおどろ」

街で吸血事件が頻発。それを調べる鬼太郎に、自分を殺して欲しいと願う手紙が届く。手紙の送り主・小野崎は、人体実験によって妖怪になってしまっていた!

ゲゲゲの鬼太郎6期の43話「永遠の命おどろおどろ」ネタバレ

街で吸血事件が!!

それを調べていた鬼太郎のもとに一通の手紙が届きました。

「自分を殺して欲しい」という内容で、鬼太郎は手紙の差出人にねこ娘と会いに行くことに。

手紙の差出人は、遺伝子研究者の小野崎氏。

マナのクラス委員長のお父さんでした。

小野崎は不死の細胞を作り、自分の体に投与し人体実験を行いました。

不死の体を手に入れたと同時に、何故か妖怪に変異するように…

巨大な頭部だけの妖怪「おどろおどろ」。

おどろおどろになると、我を忘れてしまい血を求めてしまう…

吸血事件は小野崎によるものだったのです。

不死細胞のせいで死ぬこともできない小野崎は、「自分を殺して欲しい」と懇願。

そして、とうとう娘にバレてしまいます。

「おどろおどろ」になって人を襲う寸前で鬼太郎が止めに入りましたが、鬼太郎の前に娘が立ちはだかります。

鬼太郎に「殺して欲しい」と頼む父、「殺さないで」という娘。

またも「おどろおどろ」になって人を襲いますが、娘が自分の身を差し出し血を吸われ始めます。

残っていた理性で鬼太郎に懇願し、鬼太郎にやられてしまい娘は助かりました…

墓前で祈り立ち去る鬼太郎。

すれ違う娘。

「わたしは…許さない」。

感想

今回のゲゲゲの鬼太郎は、永遠のテーマ「不老不死」にふれていたり、自殺サイトにもふれていましたね。

いのち…そこは、もう神の領域ですよね。

人が踏み込むと大変なことになりますよね、多分。

踏み込んでしまった者の結末みたいに感じた内容でした。